ネットワークカメラが叶える「簡単、安心」防犯対策!

みなさんは、自宅の防犯対策はどのように行っていますか? 今日、さまざまな防犯対策グッズが売られていますが、中でも防犯カメラは防犯効果が高く、万が一被害を受けた際も犯行現場をしっかりと撮ることができるので、おすすめのアイテムです。
しかし、導入にかかるコストや設置の手間をはじめ、敷居が高いと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな悩みを抱える人に向けて、今回はご家庭でも防犯用に簡単に設置できるネットワークカメラについて紹介します。

防犯にも使えるネットワークカメラとは?

ネットワークカメラとは、LANで接続されたカメラのことで、主に防犯や監視などの定点撮影用途に使われています。以前は大変高価なもので、一部の企業や店舗向けのカメラという位置付けでしたが、近年では低価格化が進み、家庭用としても使われるようになってきました。ご家庭で使われる場合は、留守中の防犯カメラとしてはもちろん、ペットや小さいお子様、ご年配者の見守り用のカメラとしてもニーズがあり注目されています。

ネットワークカメラで録画した映像はテープに保存されるのではなく、ネットワークハードディスク(NAS)へデータとして保存されます。保存されたデータは、パソコンで見ることはもちろんのこと、スマホからでも確認することができ、ここもネットワークカメラの優れている点だと言えます。

設置は意外と簡単?

防犯カメラや監視カメラというと、録画装置に配線など、導入や設置に当って敷居が高いと思われがちです。しかし、アイオーデータから提供されている「TS-WRLC」のようなネットワークカメラは家庭向けに作られているので、複雑な配線や設定は不要です。通信は無線LANで行われるので、電源さえあればどこでも設置できますから、導入も楽々行えます。

>>Qwatch(クウォッチ)TS-WRLC商品詳細へ

さらに、ネットワークカメラQwatch取付用クリップ型スタンド「TSOP-CM」を使えば、家具に挟んで取り付けることができます。そのため、設置場所の自由度が広がるだけでなく、カメラの設置に当って部屋に新しく金具を取り付ける必要もないので、賃貸マンションでも原状回復費用を気にせず設置できるのが嬉しいポイントです。

>> ネットワークカメラ取付用クリップ型スタンド 商品詳細へ

豊富な機能が使えるネットワークカメラ

中には、家庭用に販売されていると聞くと「性能が悪かったり、機能が不十分なのでは……」と考えてしまう人もいるかもしれません。しかしネットワークカメラには、家庭用だからこそできる便利な機能や驚きの機能がたくさん搭載されています。

機能その1外出先にいるときもスマホから視聴ができる

外出先で、スマホから室内の状態がチェックできるのはもちろん、お留守番をしているペットの様子のチェック、お子様の帰宅の確認や見守りにも役立ちます。
また「動作検知」機能という、侵入者が入ってきた、照明が付いた……など部屋に動きや変化があった場合に、メールでお知らせしてくれる機能も備え付けられています。

機能その2録画は「LAN DISK」で簡単に

以前の防犯カメラといえば録画装置が必要となり、特に長時間録画をするとなるとたくさんのビデオテープが必要でした。一方ネットワークカメラの場合は、録画はネットワーク上に接続されたハードディスク「LAN DISK」に保存することができます。
テープのように画質の劣化もなく、不要な撮影データはすぐに削除もできますから、データの管理がしやすいのも優れている点の1つです。

機能その3複数端末の同時接続も可能

ネットワークカメラは、店舗の防犯カメラのようにカメラを複数台設置して同時接続することも可能です。複数のカメラの場合でも、パソコンやスマホで映像を一括表示させられます。そのため、設置したい場所が増えても安心です。

このように、主に家庭用に使われるネットワークカメラの場合でも、その機能は業務用に負けてはいません。ご家庭だけでなく、店舗や事務所などでの使用も含めて十分な機能を備えていると言えるでしょう。

>>Qwatch(クウォッチ)TS-WRLC商品詳細へ

今回は、ご家庭で防犯対策として活用できるネットワークカメラについて紹介しました。防犯対策を検討されている人は、上記の内容を参考にしながらネットワークカメラの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
  1. <15.無線LANと有線LAN、どっちがいいの?双方を徹底比較!
  2. 17.ネットワークハードディスク(NAS)のメリット、デメリット>