IO DATA パソコン・スマートフォン・iPhone・デジタル家電・ソフトの通販 アイオープラザ

人気の検索ワード: 自分専用レコーダー オーディオNAS 法人NAS ワケあり品 無線LAN 新商品

アンケート受付期間は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。

io PLAZA プロデュース プラザ×レビュー

第21回

オーディオユーザーに好評を博した「RockDiskNext」の新シリーズが登場!
『RockDisk for Audio』

RockDisk for Audioの写真

“挑戦者”「RockDiskNext」の事実上の後継となるオーディオNASがアイオーから新登場!その名も『RockDisk for Audio』。これからネットワークオーディオをはじめる方にも安心してご導入いただける初期設定不要の手軽さと、手頃な価格ながらネットワークオーディオ愛好家のニーズにも応える充実した本格派の顔を併せ持った完成度の高いモデルです。今回は実際に簡単に導入できるのか接続や設定を実践して、オーディオNASならではの機能をご紹介いたします。

ネットワークオーディオとは

ネットワークオーディオは、音楽CDやレコードのプレーヤーを使わず、ネットワーク上に保存された音楽ファイルを専用のネットワークオーディオプレーヤーや、DLNA対応のAVアンプを使って音楽を再生する方法全般をいいます。元々はピュアオーディオと呼ばれる高級オーディオの世界から始まったものですが、最近はミニコンポやBluetoothスピーカー、果てはテレビやレコーダー、ゲーム機など様々な機器にネットワーク機能が搭載されており、身近なものになってきました。

NASは音楽ファイルを保存してネットワーク上に音楽を配信する役割で、NASの機能次第で再生できる音楽フォーマットの種類や、音楽の検索操作が異なってくるなど、ネットワークオーディオの要となります。その独特の利用方法からここ数年「オーディオ専用のNAS」が登場しています。

パソコンとネットワークオーディオをつないでいる画像

回転する機構を必要とするCDプレーヤーよりも低価格で高音質な再生が行えることや、より高音質なハイレゾ音源の再生方法として人気を集めているネットワークオーディオ。NASに数千、数万の音楽ファイルを保存し、いつでも好きな曲を聴ける新しいオーディオのスタイルですが、今までのオーディオNASでは設定が複雑なものも多く、必ずしもパソコンが得意ではないオーディオ愛好家にとって大きな障壁でした。また今後ネットワークオーディオが広まっていくためにも、この難易度が普及の壁となり、解決が望まれていました。
『RockDisk for Audio』はその答えとなるべく開発されました。

はじめてのネットワークオーディオに!使いやすさを追求したオーディオNAS。

『RockDisk for Audio』は初期設定が不要です。ネットワークに接続するだけで音楽再生ができるよう設定されているので、とてもカンタンにネットワークオーディオを始めることができます。しかも、アイオーデータが提供しているアプリの「Magical Finder」を使えば、パソコンのない環境でもスマホやタブレットを使って本体の設定をすることができます。

ネットワークオーディオの接続イメージ
RockDisk for Audio
ネットワークオーディオに便利な機能を凝縮!オーディオ専用NAS
RockDisk for Audio

1TB HDDモデルHLS-C1.0HF

売り切れました

2TB HDDモデルHLS-C2.0HF

¥22,980ポイント5%ご購入はこちら

500GB SSDモデルHLS-C500SHF

¥39,800ポイント5%ご購入はこちら


ホントにカンタン? 実際に使ってみました!

ネットワークオーディオといえば設定にパソコン、音楽ファイルのコピーにもパソコンと、パソコンとは切っても切れない関係でした。しかし『RockDisk for Audio』は、スマホやタブレットがあればカンタンにセットアップができるんです。

『RockDisk for Audio』の設置

でははじめましょう。といってもLANケーブルとACアダプターをつなげたら終わりなんです。カンタンでしょう?

本体と付属品の画像

本体以外に設置に必要なLANケーブルやACアダプターが付属。

RockDisk for Audio

置き場所に困らないコンパクトなサイズ。形も三角形だから設置した際の安定性もバツグン。

ACアダプタを差し、LANケーブルをルーターに差そうとしている画像

LANケーブルでネットワークに接続して、コンセントにACアダプターを挿すだけで電源がONに。LEDは点滅から点灯に変わったら完了。

実際の設置シーンを動画でチェック!
きちんとネットワークに接続できているか「Magical Finder」を使ってチェック!

接続が完了したら、ネットワークにつながったかスマホを使って確認します。確認には、iOS/Androidのアプリ「Magical Finder」がとても便利です。これはネットワーク接続された機器を検索するためのアプリで、IPアドレス等のサーバー情報はもちろん、『RockDisk for Audio』の設定画面にもカンタンに移動できます。

デバイス情報一覧画面

「Magical Finder」を立ち上げると「HLS-xxxxxx」と表示。この時点で正常に動いてます。

デバイス情報

「Web設定画面を開く」をタップすれば、NASの設定画面が表示されます。

MagicalFinder設定画面

管理者パスワードを登録すれば設定画面に入れます。特に初期設定はないので何もしなくても使いはじめられます。


e-onkyoミュージックからハイレゾ音源をダウンロード!

きちんとネットワーク上に存在していることが確認できたら、準備完了!とはいえ、音楽ファイルを入れないとただの箱。音楽を聴くために音楽ファイルを保存しましょう。

パソコンなしで、スマホやタブレットから『RockDisk for Audio』に音楽を保存する方法は2つあります。1つは、ハイレゾ音楽配信サイトから自動ダウンロード機能を使って音楽データを保存する方法、2つ目は以前のレビューでもご紹介した「CDレコ」を使って、『RockDisk for Audio』に音楽CDをリッピングする方法です。それでは、順に見ていきましょう。

e-onkyo musicからハイレゾ音源の自動ダウンロードに対応!
e-onkyo

『RockDisk for Audio』は、ハイレゾ音源配信サイトe-onkyo musicの自動ダウンロード機能が備わっています。設定もe-onkyo musicのデバイス認証キーを本体に登録するだけ!あとは、スマホで購入すれば、『RockDisk for Audio』の中に自動でダウンロードします。
この機能を使えば、例えば容量の大きなハイレゾ音源の場合、スマホを使って外出先から楽曲を購入しておけば、自宅に戻った時にはすでに本体へのダウンロードが完了していると、時間を効率的に使うことができます。

マジカルファインダーのデバイス情報

まずは、「Magical Finder」を使って『RockDisk for Audio』の設定画面にアクセス。

e-onkyoミュージックダウンローダー設定画面

「Twonky設定/e-onkyoミュージックダウンローダー設定」をタップ。設定画面へ移動します。

e-onkyoミュージックダウンローダー設定画面

e-onkyoミュージックダウンローダー設定画面。「デバイス認証キー」を入力して認証ボタンを押せば完了。

e-onkyo musicのメンバー登録ページ

「デバイス認証キー」はe-onkyo musicのメンバー登録が必要です。登録後、マイページで確認できます。

※本設定はパソコンからも同様の手順で行えます。


CDレコを使って音楽CDをリッピング!

次は、パソコンを使わず音楽CDがリッピングできる「CDレコ」を使って、お手持ちの音楽CDを『RockDisk for Audio』に取り込んでみます。
オーディオNASに音楽CDを取り込む場合は、CDレコの設定方法にいくつかポイントがありますので、ご紹介します。

ポイントは保存場所と保存音質、そして「互換」です。まず、iOS/Androidのアプリ「CDレコ」を使ってNAS登録をします。保存場所はdiskの配下に最初からある「music」に入れましょう。 そして、より高音質に聴くために保存音質を「ロスレス圧縮」に設定します。iOSだと標準でAppleロスレス(m4a)形式、Androidの場合はFLAC形式で保存されます。この時、互換設定をオフにしてください。オンだとm4aとflacの二種類保存されてしまい、楽曲が二重になってしまい使いにくいためです。

「CDレコ」の専用アプリ

「CDレコ」の専用アプリをインストールして起動します。

「CDレコ」アプリ TOP画面

右下にある「設定」をタップすると設定画面が表示。

「CDレコ」アプリ 設定画面

設定が必要な項目を上から順番にご紹介します。

保存音質 設定画面

まずは「保存音質」を選択。今回はCD音源をそのまま取り込める「ロスレス圧縮」を選択。

保存先 設定画面

「保存先」はNASを選択します。

NASを登録

NAS登録で『RockDisk for Audio』を選択。

保存先を選択

「保存先ディレクトリ(NAS)」をタップし「music」を選択し、完了をタップ。

Android互換をオフ

「Android互換」をオフにすれば、設定は完了です。

これでCDレコとの連携も完了、PCレスで音楽CDリッピングも可能に!
CDレコで音楽を取り込んでいる様子

設定が済めば、あとはCDレコに音楽CDを入れて、どんどんリッピングしていくだけ!CD音源そのままの音質が楽しめるロスレス圧縮の音楽データが『RockDisk for Audio』にどんどん保存されていきます。楽曲情報やジャケット写真も「Gracenote®」から自動的に取得。『RockDisk for Audio』内の音楽データも管理しやすくなります。

最近のネットワークオーディオプレーヤーでFLACもAppleロスレスも再生できるものが多いですが、万一、プレーヤーはAppleロスレスに対応せず、FLACなら再生できる場合(または逆の場合)は、互換をオンにして取り込んだ後に再生できない方のファイルを消去することで二重化を防ぐことも可能です。(削除はアプリ RemoteLink Filesを利用します)

CDレコの使い方に関しては、前回のバックナンバーでご確認ください。


もちろんパソコンを使って音楽データも保存できる!

これまでスマホを使った『RockDisk for Audio』の使い方をご紹介してきましたが、もちろんパソコンから音楽データを保存することができます。ここからは、WindowsとMacのそれぞれの保存方法をご紹介します。

サポートページのスクリーンショット
「Magical Finder」を使ってIPアドレスを確認!

パソコンから接続するには『RockDisk for Audio』のIPアドレスを確認する必要があります。その際も、先ほどご紹介した「Magical Finder」を使います。こちらのソフトのインストールはアイオーデータのサポートページにアクセスすれば、無償でダウンロードすることができますので、事前にインストールしてください。

「Magical Finder」は、こちらからダウンロードできます。

パソコンを使って音楽データを保存

「Magical Finder」で確認したIPアドレスを指定して本体にアクセス。フォルダが表示されますので、その中に音楽データを保存します。

Windowsの場合
「Magical Finder」を起動

「Magical Finder」を起動してIPアドレスを確認します。

エクスプローラをクリック

画面の左下にある「エクスプローラボタン」をクリック。

IPアドレスを入力

「¥¥(IPアドレス)」と入力し、「Enter」キーを押します。

「disk」フォルダを選択

すると、『RockDisk for Audio』内にある「disk」フォルダが表示

音楽データを保存

「disk」から「music」フォルダを開き、その中に音楽データを入れれば保存は完了です。

Macの場合
「Magical Finder」を起動

「Magical Finder」を起動してIPアドレスを確認します。

サーバへ接続を選択

「移動」メニューから「サーバへ接続」をクリック。

IPアドレスを入力

「smb://(IPアドレス)」と入力し、「接続」をクリック。

ゲストを選択

「ゲスト」を選択し、接続ボタンをクリック。

「disk」フォルダを選択

デスクトップに「disk」が現れますので、それを開き「music」を開きます。

音楽データを保存

その中に音楽データを保存すれば完了です。

パソコンを使った音楽取り込み方法を動画でチェック!

以上のように、スマホやパソコンいずれでもスムーズに音楽ファイルを保存することができました。これで音楽を聴く準備が完了しました。


いよいよネットワークオーディオプレーヤーで音楽再生♪

スマホで操作しているシーン

さて、ここまでスムーズにできました。あとは、お手持ちのネットワークオーディオプレーヤーから『RockDisk for Audio』に保存した音楽ファイルがきちんと操作できるかどうかです。先ほど保存した音楽データは、ネットワークプレーヤーのリモコンアプリを使ってスマホから再生操作することができます。
プレーヤーメーカーにより色々なアプリがありますが、「サーバー」や「ライブラリー」などの項目で「HLS-xxxx」を選択することで、『RockDisk for Audio』に保存されている楽曲情報などがひと目で確認することができます。メーカーによって接続方法やアプリの機能が異なりますので、詳細は各メーカーサイトをご参照ください。


オーディオユーザー必見!より音楽を楽しむための充実した機能。

さて、ここからが『RockDisk for Audio』の本領発揮です。「RockDiskNext」とはちがい、本機ではメディアサーバーに「Twonky Server」を採用しました。これは以前のモデルの際に「もっと曲検索方法を充実してほしい」という要望が多かったのも理由のひとつです。「Twonky Server」になったことで、「RockDiskNext」では「アルバム別」「アーティスト別」など、単一の情報からしか曲を探せませんでしたが、今回は「アーティスト>アルバム>曲」といった探し方ができるようになり、とても便利になったんです。

オーディオ向きに高い実績を誇る「Twonky Server」を採用!
Twonky Server

ネットワークオーディオで長年に渡り高い実績を誇る「Twonky Server」。ほとんどのオーディオメーカーが動作検証をしていることから、オーディオ機器との高い互換性が期待できます。さらに、『RockDisk for Audio』独自の機能として、<フォルダ>順で曲を検索する際にもCDアルバムと同じ「トラックナンバー」順に整列するようになっています。地味な機能ですが、この機能があるのと無いのでは全然違う!とネットワークオーディオの識者の方々からお褒めいただいているポイントなんです。

対応形式
wav、mp3、wma、m4a、m4b、ogg、flac、aac、mp2、ac3、mpa、aif、aiff、asf、dff、dsf
Remote Link Cloud Sync機能で、2台の『RockDisk for Audio』を自動同期させ、大切な音楽ライブラリーを守る!
2台の『RockDisk for Audio』を接続している様子

何千、何万の音楽データを保存している方にとって、データのバックアップは気になるところ。『RockDisk for Audio』は低価格を実現する為、ミラーリング(RAID1)ができない1ドライブモデルとなっていますが、違った形で楽曲を保全できる方法を提供できないかと搭載されたのがRemote Link Cloud Syncという、いわゆるレプリケーション(同期)機能です。

ミラーリングの場合はストレージ以外の部分が故障すると動かなくなってしまいますが、同じNASを2台自動で同期すればストレージはもちろんハードウェアの故障があった場合も、予備機を利用することですぐに復旧することができます。コストパフォーマンスの良い『RockDisk for Audio』だからできる、大切な音楽ライブラリーを守るベストな方法としてご提案しています。コストはかかりますが、2台買ってもミラーリング対応のオーディオNASと似たような金額で実現できるのが魅力です。

本体の設定画面

Remote Link Cloud Sync機能はスマホ、パソコンで設定できます。本体の設定画面から「共有」内にある「変更」をクリック。

Remote Link Cloud Sync機器の設定

サービスの「クラウドストレージ同期」にチェックを入れ、下のロールバーから「Remote Link Cloud Sync対応機器と同期」を選択。

Remote Link 設定シート

パッケージに同梱された「Remote Link設定シート」からPINコード、ユーザー名、パスワードを入力すれば、自動同期が開始します。


他にもオーディオユーザーも納得の性能・設計の数々!

HDD、SSDの画像
2.5インチHDDを採用して、さらなる静音性&省エネ性を実現!

オーディオNASの必須条件であるファンレス・静音の筐体設計。発熱や動作音を抑える2.5インチHDDを採用することで、さらなる静音性を実現するとともに、平均消費電力を8Wに抑えられ発熱量を低減しました。さらにSSDモデルは動作音や振動も無くなり、静寂が求められるリスニングルームへのベストなソリューションとなります。

リモートリンクファイルを使って音楽を再生している様子
「Remote Link Files」アプリを使えば、外出先からでもストリーミング再生が可能!

「Remote Link Files」というアプリを使えば、外出先からでも本体内の音楽をストリーミング再生したり、端末側にダウンロードして楽しむことができます。設定もパッケージに同梱されたQRコードを撮影して、パスワード設定するだけと超カンタン!

ストリーミング再生対応ファイル形式はこちら

NASとして利用している様子
メディアサーバー以外に、データ保存やファイル共有などNASとしても使える!

『RockDisk for Audio』は、パーソナルクラウドストレージ「ポケドラcloud」として利用することもできますので、写真や動画、文書や表計算といったドキュメントファイルの保管庫としても使えます。ファイル共有も可能なので、別の端末とのデータのやり取りもスムーズに行え、リモート機能を使えば外出先からのデータの出し入れにも便利です。幅広いシーンで活用できます!


初級者から上級者まで
本格的なネットワークオーディオの要求に応えるスタンダードな1台!

コンパクトかつ価格もリーズナブル。これまで敷居が高いと諦めていたネットワークオーディオも『RockDisk for Audio』があればカンタンに構築できます。しかも、Twonky Server搭載やe-onkyo musicからのハイレゾ自動ダウンロード機能など、すでにネットワークオーディオをお使いの方にも、きっと満足していただける商品となっています。エントリーモデルでありながら、上級者も納得の機能を備え持つ『RockDisk for Audio』をぜひ一度お試しください。

RockDisk for Audio
ネットワークオーディオに便利な機能を凝縮!オーディオ専用NAS
RockDisk for Audio

1TB HDDモデルHLS-C1.0HF

売り切れました

2TB HDDモデルHLS-C2.0HF

¥22,980ポイント5%ご購入はこちら

500GB SSDモデルHLS-C500SHF

¥39,800ポイント5%ご購入はこちら


ご購入前に確認しましょう

『RockDisk for Audio』をご利用いただく際の注意点をご案内します。

  1. 対応機種
    • ネットワークオーディオプレーヤー※1、iPhone、iPad、iPod touch、Android、DOS/Vマシン、Apple Macシリーズ
      ※本商品と同じネットワークに接続されている必要があります。
  2. .対応OS(日本語版のみ)
    • iOS 7.1〜8.3
    • Android 4.1〜5.0
    • Windows 8.1(32/64ビット版)、Windows 8(32/64ビット版)、Windows 7(32/64ビット版)、Windows Vista(32/64ビット版)
    • Mac OS X 10.8 〜 10.10
      ※WindowsまたはMac OS Xから本商品を設定するには以下のWEBブラウザが必要です。
      • ・Internet Explorer バージョン8 〜11(Windows)
      • ・Safari バージョン5.0 〜 7.1(Macシリーズ)
  3. 対応コンテンツ
    • wav、mp3、wma、m4a、m4b、ogg、flac、aac、mp2、ac3、mpa、aif、aiff、asf、dff、dsf
      ※ネットワーク配信できるファイル形式です。再生可否はプレーヤー側の対応形式によります。
       配信したすべてのファイルが再生できる事を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。
  4. 仕様に関する詳細は、こちらのページでご確認いただけます。
  5. ※本商品は、パーソナルクラウドストレージ「ポケドラcloud」として利用することもできます。
     その場合の仕様等は、HLS-Cシリーズの仕様ページをご確認下さい。

周辺機器に関する詳しい内容は、こちらからご覧いただけます。

 
  1. CDレコ Wi-Fi
  2. CDレコ
  3. 無線LANルーター
  4. Gigabit対応スイッチングハブ

プラザ×レビュー バックナンバー

インフォメーション

わたしたちが運営しています

・販売店名: アイオープラザ(ioPLAZA)
・販売事業者: 株式会社アイ・オー・データ機器     
  (東京証券取引所 市場第一部上場 コードNo. 6916)  
・事業統括責任者  : 前野 孝俊  
・店舗責任者(店長) : 西田谷 直弘  
・所在地: 〒920-8512 石川県金沢市桜田町三丁目10番地  
・電話番号: 0120-934-410  
・FAX番号: 076-260-3674



お支払いについて

お支払い方法

代金引換、クレジットカード、インターネットバンキング、コンビニ振込、Edyなど 10種類からお選びいただけます。
※クレジットカードをご利用の場合、お客様の本人確認(電話確認等)をお願いする場合がございます。

お支払いについての詳細はこちら


送料・代引手数料について

1回のご注文の合計が1万円(税込)未満の場合は一律620円(税込)の送料が掛かります。
また、一部の大型梱包商品など商品の各ページに個別送料の記載がある場合は、ご注文数量ごとの個別送料がかかります。
キャンペーン等で送料が変更になる場合があります。送料については、各販売ページまたはご注文確定前の確認画面でご確認ください。

※ワケあり品、ユーズド品、一部特価品を除く


代引手数料はお客様負担となります。全国一律324円(税込)が掛かります。

送料・代引手数料についての詳細はこちら

納品書、領収証について

当店では24時間受付でWeb領収証、Web納品書を発行しております。 ご必要な場合は、出荷後に以下のフォームからご依頼ください。 ご依頼を確認後、ご注文時のメールアドレスにPDFファイル形式の書類をお送りしますので、 印刷してご利用ください。

領収証発行受付フォーム

納品書発行ご依頼フォーム



配送について

配送先の指定

ご注文時に配送先をご指定いただけます。
1注文につき1箇所への配送となります。複数のご指定は承ることができません。


お届け日

在庫のある商品は、通常、ご注文お申し込み日より3〜4営業日後のお届けとなります。

>> 毎日14時までは当日出荷! ⇒詳しくはこちらをご覧ください

>> 土日・祝日も365日出荷OK! ⇒365日出荷サービスについて

配送についての詳細はこちら

※ワケあり品など一部商品を除きます。

お届け時間

お届け時間帯を指定できます。下記の時間帯からお選びください。
指定なし/午前中/12:00〜14:00/14:00〜16:00/
16:00〜18:00/18:00〜21:00


配送業者

配送業者は佐川急便となります。

配送についての詳細はこちら


ご注文内容の変更・返品について

ご注文確定後のご注文内容の変更、撤回はできません。また、返品は原則受け付けておりません。 (ユーズド・アイテム、B級ユーズド・アイテムの初期不良で当社都合により修理できない場合を除く)

ご注文内容の変更・返品についての詳細はこちら



お問い合わせ

インターネットからのお問い合わせ

こちらの窓口より各種お問い合わせを受付けております。

お問い合わせフォーム


お電話でのお問い合わせ

平日10時〜17時 0120-934-410

【アイオープラザのご利用について】
各種ご利用のご案内はこちらをご覧ください。

各種ご利用のご案内



掲載内容について

キャンペーンの期間や内容、製品のデザイン、仕様、外観、価格等は予告なく変更する場合があります。



プライバシーポリシーについて

ご購入情報は、SSL暗号化通信によって保護されます。

プライバシーポリシー

COPYRIGHT (C) I-O DATA DEVICE, INC. Since 2005.9.19