iPhone買ったとこなのに、速攻で容量不足になっちゃったよぉ パソコンも持ってないし、どうしよう?

おもしろそうだなと思って手軽にダウンロードしたアプリや、気楽に撮影した写真に、記録として残した動画、お気に入りの音楽データは、意外にスマートフォンの容量を占めるものです。でも、スマートフォンが許容できる保存容量は、パソコンに比べると小さいのが現状。Androidの場合は、microSDカードを使える機種が存在するものの、iPhoneにはありません。パソコンがあれば、データを移動できますが、今回は、スマートフォンに保存したデータをパソコンを使わずに、バックアップを取る方法をご紹介します。

バックアップの前に、まず、使ってないアプリを片付けましょうか

一般的には、ホーム画面にならぶアプリのアイコンをひとつ選び長押しし、アイコン右上の「×」をタップすることで削除する方法が知られています。 もし、アプリの容量を確認した上で削除したいのでしたら、こんな方法もありますよ。

【iPhoneアプリの削除方法】
1.「設定」のアイコンをタップ
2.「一般」を選択
3.「ストレージとiCloudの使用状況」を選択
4.「ストレージ管理」をタッブ
5.インストール済みのアプリが容量の多い順に一覧表示されるので削除したいアプリを選び、「Appを削除」を選択

ご参考まで。

クラウドストレージサービスを利用して、容量を節約する前に知っておきたいメリットとデメリットをご紹介!

話題のクラウドサービスを利用して、バックアップを取るのも1つの手です。
DropboxGoogleフォトYahooボックスiCloudなど。クラウド上に写真や動画データを保存することで容量をぐ∼んと節約できますよ。
専門的な知識がなくても、だれでも、どこでもアクセスできて便利なクラウドサービスですが、メリットばかりではないのも事実です。オンラインサーバー上に大切なデータを置くことになりますので、セキュリティ上のトラブルにさらされる危険性も考えておかなければなりません。
また、ストレージ容量を増やすと課金されたり制限がついたりすることもあります。

USBメモリーを使って物理的にバックアップを取りましょう

とはいえ、iPhoneの挿し口はLightning端子のみ。「そもそも挿せないけど・・・」と思われる方もいらっしゃるのでは?いえいえ。ご安心ください。当店には、Lightning端子付きUSBメモリー「Clip bag(クリップバッグ)」があるのです。
専用アプリ「Clip bag」を使えば、任意のフォルダやファイルをzipで圧縮、暗号化(パスワード)することができます。Windowsパソコン、Macとも互換性がありますので、iPhoneとPCのデータやりとりもOK!
もちろんApple認証品ですので、安心です。

私のおすすめは、
iPhone・iPad、
パソコンで使えるUSBメモリー
「Clip bag」です!

iPhone・iPadの写真や動画を簡単バックアップ!

「Clip bag(クリップバッグ)」は、Lightningコネクターを搭載したiOS端末用のUSBメモリーです。 iPhoneやiPadに保存された写真や動画データを本商品へ移すことができるので、iPhoneの容量不足の心配もいりません。また、本商品を使ってパソコンのデータをiPhoneへ受け渡すこともできます。

動画もサクサク!大容量データをスムーズに表示

iPhone・iPadのケースを付けたままでも接続できる

超小型のアルミボディ!コネクターはキャップ付き

Dropboxとの連携機能付き

iPhone・iPad用 USBメモリー

Clip bag(U3-IPシリーズ)
U3-IP16G(16GB) ¥7,538(税込) 詳細を見る
U3-IP32G(32GB) ¥9,698(税込) 詳細を見る
U3-IP64G(64GB) ¥13,824(税込) 詳細を見る

Clip bag使ってます!

片方がLightningになっているUSBメモリーです!

iPhoneにさすと、こんな感じ。結構小さい。

+ボタンで、カンタンフォルダ作成。

ユーザーボイス1

ipadとPCとのデータ共有が簡単にできるので便利です。

山口県 男性

ユーザーボイス2

現在使用中の同じものの予備として購入しました。(2個目です)

兵庫県 男性

カンタンなアンケートに是非お答えください!
(いいことがあるかも・・・)

【質問】このページは参考になりましたか?

SNSでシェアする

ためになった!と思ったら、ぜひ周りの方に紹介してください!(喜びます)

このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアしてくださった方の中から抽選で1名様にしげるUSBメモリーをプレゼント!

しげるメモリーについてはこちら